オンカジを楽しい感じるには「癒し」と捉える事が大事

オンカジが楽しいと思うには「癒し」が大事

オンカジを楽しいと感じるためには、オンカジを「癒し」と捉える事が重要!

オンカジを楽しいと思うためには、自分にとっての快楽の時をしっかりと理解しておくべきです。

もちろん、オンカジで勝つことがもっとも楽しいと感じる瞬間ではあるものの、それだけのためにオンカジを続ける依存症になります。

オンカジを楽しいと感じるためには、オンカジを「癒し」と捉えることが重要。

ここでは、オンカジを癒しと感じ取るための方法について解説します。

昼飯を食べながらオンカジ

これを読んでいる人たちの多く仕事をしていると思います。

いや、無職の方もいるかもしれませんが、たまには日雇いで現場で楽しんでいるかもしれませんね。

さて、そんな仕事をしている時など、唯一の癒しはおそらく昼飯の時間ではないでしょうか。

11時30分を過ぎればドンドン昼飯が近づいてきていることがわかり、気がつくとインパクトを握る片手にも力が入ってしまうもの。

まぁ、勝手に現場仕事にしていますが、とにかく昼飯はサラリーマンや仕事人の大切なひと時なのは間違いございません。

そんな時、友人たちと談笑するのもいいのですが、おすすめはオンカジ。

オンカジをしながら、楽しく昼飯をほうばる。

負けたら最悪ですが、それでも小額であれば現実を忘れられ、その時ばかりは楽しい時間を過ごすことができます。

風呂でオンカジ

風呂が嫌いといった方がいる一方、やはり私たちは風呂に入らなければ不潔となり、異性はおろか同性にも嫌われてしまいます。

いや、嫌われるだけであればいいのですが、おかしなあだ名をつけられたり、生活全てを否定されることだってあるのです。

どうせお風呂に入らなければならないのであれば、そこは贅沢な癒し空間としてしまった方がよいでしょう。

では、これはどうでしょうか。

あまりすすめられませんが、ちょっとだけ酒を飲みながら熱々の湯船に浸かる。

そして、じんわりを汗をかきながら癒しの時間を過ごします。

そして、そこで登場するのが湯船に浸かりながら風呂でオンカジです。

スマホをしっかりとケースにいれて濡れても壊れない準備。

そのままいつも通りにオンカジを楽しんでしまいましょう。風呂はなぜリラックスに繋がるかといえば、やはり裸だからです。

通常、ギャンブルをする際に素っ裸であちこちウロウロする事はないでしょうし、パチスロに素っ裸で来店したらまず捕まります…というか、入店できないでしょう。

そういった意味からも、素っ裸で風呂の中、オンカジでギャンブルできる事は贅沢の極みとしかいいようがありません。

やはり、オンカジはこういった癒し空間でやることが大切です。

なぜオンカジで癒しなのか?

オンカジを楽しいと思うには、オンカジにプレッシャーを感じないことです。

例えば、オンカジ玄人の方の多くは、オンカジを生活費を稼ぐ為にやってはいけない…といった事を伝えています。

つまり、生活費になったり、稼がなければならない、依存になっている…といった状況では、オンカジをすることがプレッシャーとなり、楽しいと思える事は一切ないといったことになるのです。

一方、自分にとっての癒し空間とオンカジを結びつけることで、「それがあるから頑張ることができる」といった構図ができあがり、知らぬ間にオンカジをやることが癒しに変わっているのです。

癒し空間でやるオンカジは冷静さを保っていますし、じつは勝率が高いともいわれています。

オンカジが楽しくなる、更に勝てる。

良い事尽くめなのが、オンカジを癒しと認識することでもあるのです。

オンカジを楽しくするのは自分次第

オンカジを楽しいと感じるのは、自分次第です。

自分で自分のご機嫌を取り、オンカジを楽しめるようにコントロール。

オンカジは儲ける時代は終わり、今からは癒しの時代に突入しているのではないでしょうか。