オンカジを始めるならコレ!モノポリーはとっても楽しい!

オンカジを始めるならコレ!モノポリーはとっても楽しい!

オンカジで人気のマネーホイールのひとつ、モノポリーライブ(モノポリー)

ホイールが止まる場所を当てるだけといった、史上最強にシンプルな遊びでありながら、その確率などを予想したり人生を賭けたり、とんでもない熱狂の渦に巻き込んでくれることからオンカジの中でも大変人気があるゲームとして知られています。

ここでは、オンカジでモノポリーを始めたいと思っている方に向けて、モノポリーの魅力を解説します。

「ベラジョンカジノ」と「インターカジノ」二つのカジノを選ぼう!

モノポリーを展開しているのは、大きくわけて「ベラジョンカジノ」「インターカジノ」といった二つのオンカジです。

とくにパチスロが狂ってしまうほど好きだ!という方は、パチスロを彷彿とさせるユニークな演出が導入されているベラジョンカジノがとくにおすすめでしょう。

一方、インターカジノは若干地味な雰囲気を醸し出しているものの、創業が1996年とオンカジ業界ではかなりの老舗として知られています。

日本人が楽しめるコンテンツが揃っているのがベラジョンカジノ、伝統を守り続けている安心のオンカジがインターカジノといったニュアンスで覚えておくと良いでしょう。

オンカジで人気のモノポリーはとてもシンプル!

オンカジのモノポリーの魅力は、とにかくシンプルであるところです。

深堀すれば確率論やいろいろな事を模索しなければなりませんが、要するに的中すると思った数字にチップを賭けるだけ。

「ボールがどこに止まるでしょうか!?」といった事を、お金を賭けてやるだけなので大変シンプルです。

さて、そんなモノポリーでチップを賭けるための数字は大きく分けて6つで「1・5・10・2roll・4roll」です。

これら選択肢の中で自分が、「そろそろココに来るだろよ!」というところに大胆にチップを配置。

時間がやってくると司会者の人がホイールをぐわんぐわん回し出します。

いや、ここでホイールが止まるまでの瞬間がかなり緊張する一方、大興奮してしまう瞬間でもありますね。

基本的に、「1・5・10」に止まった場合は、その数字+1の配当金をゲットです。

しかし、「2roll・4roll」に止まった時は奇跡が起こる…そんなチャンスがやってくる合図になります。

モノポリー「2roll・4roll」の場合

ボーナスステージである、「2roll・4roll」

ここに止まるとサイコロを2rollは2回、4rollは4回、回すことになります。そして、モノポリーおじさんと呼ばれるオッサンが登場し、そのサイコロの出目に応じて歩きはじめます。

結果、そのオジさんの止まったところにある数字の倍率に従い、配当を受け取ることができるため、大変儲けるチャンスがある嬉しい目という事になるのです。

モノポリー「?」は仕切り直し

たまに、「?」といったマスに止まってしまうことがあります。

何となくとんでもないことが起こりそうな気がしますが、残念ながら?はこれといった意味がなく、ただ仕切り直しといった意味で利用されているマス。

まぁ、休憩といった気持ちで冷静なる瞬間かもしれません。

モノポリーは、大変シンプルな内容になっているものの、ハマり出すとおかしくなっていき、そこそこの金額を賭けてしまうことがあります。

この「?」に止まることで少しだけ興奮気味の自分を制止することができるため、興奮しやすい方にとってみればありがたいマスかもしれませんね。

オンカジで人気のモノポリーはローリスクなのでおすすめ!

オンカジのモノポリーは、とんでもないボーナスが設定されているものもありますが、通常のものであればそこまでリスクがないカジノのひとつと考えることができます。

オンカジを始めてみたいと思っている方は、ぜひモノポリーからスタートしてみる事をおすすめします。