オンカジをやめたと言う人の共通点!負けに目を背けていた!?

オンカジをやめたと言う人の共通点!負けに目を背けていた!?

オンカジをやめたと言う方が何故やめるハメになったのかを解説!

あれだけオンカジを楽しんでいた友人。

どんなオンカジで儲けているか聞き出そうと思ったら「俺、もうオンカジはやめた」と返答があったらショックを受けるでしょう。

歯を磨くようにオンカジを楽しんでいた人がオンカジをやめたと言う方は、それ相応の大きなショックを受けたのかもしれません。

しかし、オンカジをやめた人と言うのは意外にとある過ちをおかしていたと言うパターンも少なくありません。

ここでは、オンカジをやめたと言う方が何故やめるハメになったのかを解説していきます。

オンカジで損切りができていなかった

オンカジをやめたと言った人達の多くが単純に「負け込んでしまったから」と言った理由です。

まだ、負け込んでしまったと理解出来てオンカジをやめれたのであればいいでしょう。

とは言え負けたお金は簡単には帰ってきません。

まず、オンカジを続けていく上で重要になってくるのが損切りです。

オンカジではロス制限や入金制限等を設定できるサイトもあるですが、それを怠っていたと言う所が挙げられます。

つまり、それが出来ないと何時までも一発逆転を狙ってしまい、キリがなくなってしまう訳です。

オンカジは楽しいですし、本当に一発逆転が狙える事があります。

しかし、その確率は極端に低く、結果的にやめ時が分からない事から大負けし、継続できなくなってしまうと言う事も少なくないのです。

オンカジの長時間プレイは確実にマイナス

オンカジを続けてきた人達の多くは、一度プレイしたらなかなか辞めないと言う長時間プレイをしている事が多い傾向にあります。

パチスロに早朝並び、帰る頃にはサラリーマンがくたびれた顔で家路に向かって歩いている等、そう言ったシチュエーションも意外に少なくありません。

ですがオンカジには時間制限も無く掛け金も自由なので、終わりがありません。

パチスロや競馬、競艇は毎日出来ますが、遊べる時間も決まっており負け込んでも必ず撤退しないといけない時がありますがオンカジにはありません。

だからこそ長時間遊んでしまう事が多いのでしょう。

ギャンブルを継続する為にもっとも重要と言われているのが、勝ち逃げです。

おそらく自分の中では10万円勝ちたかったのだけれど、意外に簡単に5万円も勝ってしまった。

そう言った時、そのまま今日はこれが運の尽きだろうと我慢出来て勝ち逃げできる人はオンカジで儲ける事ができる人です。

一方で「こんなに簡単に勝てるなんて嬉しい!後、1時間やればこれが数倍に膨れ上がるかもしない」と勘違いしてしまうと危険なのです。

長時間プレイをする事は、どんどん還元率を下げていく事になり、どんなに勝っていても最終的にはマイナスで終わってしまう事が多いです。

「まだいける!まだ勝てる!」こう言った欲が出てくると大抵勝負には負けてしまいます。

オンカジを続けるにあたって大切な事は「勝てたと思ったらすぐに逃げる事!少しでも勝ちを繋いで行く事」ですが、実際には一番それが難しい。

1回のオンカジで10万円を勝つより、1年間かけて10万円をプラスにするような賭け方が賢いオンカジプレイヤーでもあるのです。

負け金額に目を背けた

これはオンカジに限らずギャンブルをする人達全員に言いたいのですが、絶対に負けた額に目を背けない事です。

オンカジをやめた人達の多くが、負けている金額に目を背けてなかった事にしているシチュエーションが少なくありません。

当たり前ですが負け込んでいる事に目を背けていれば気が付くと、とんでもないマイナス収支。

気がついた頃には冷や汗が出てしまうと言うシチュエーションになります。

仕事でもそうですが、最初は投資と言った事でマイナス収支になっても仕方がないものの、それが意味なく継続すると大変な事になるでしょう。

負けないテクを知る

オンカジをやめた。

やめた人達は、自分の事を客観視出来ていない人達ばかりで結果的に損をしてしまった方達でもあります。

長く遊ぶ為にも冷静に負けを認め、勝ち逃げをする等、小額でも勝つ事を前提にオンカジに対応すべきなのが必勝法です。

オンカジはゲームをやめた大人達のいつでもどこでも遊べるネットの遊園地です。

つまり、いつでもどこでも100万以上の勝ちを狙えるオアシスであり何より夢しかありません。

夢を見たっていいじゃないですか。

是非オンカジをやめたと言いたくない人は本記事を参考にして見て下さい。