ネッテラー撤退は真実か!?実はオンカジが見限っていた!

 ネッテラー撤退は真実か!?実はオンカジが見限っていた!

利便性の高いオンカジ決済方法だったネッテラーですが、なんと日本から撤退した!?

オンカジをこよなく愛し続けている方の中には、ネッテラーと呼ばれるオンラインウォレット決済方法を利用していた方も多いのでは無いでしょうか。

確かにオンカジでは便利かつ利便性の高い決済方法だったネッテラーですが、なんと日本から撤退したという事で話題となっています。

今からネッテラーを使おうと思っていた方や、今までネッテラーを利用していた方はびっくり仰天。

一体、何が起こったのか真実に迫ります。

ネッテラーについて

ネッテラーは昔オンカジを利用していた方であれば誰もが利用していた決済方法とも言われています。

ネッテラーと名前からネットを使いまくっている人(アムラーやハマダー的な)と言うイメージを持つ言葉ですが…

実際にはシンプルなオンラインで使えるウォレット(決済方法)ですのマニア向けや廃人を指す言葉ではありません。

気を取り直してネッテラーについて考えていきますが、まず2016年9月時点で日本人のギャンブルを目的とした利用を停止すると言う噂がありました。

しかし、それは全くの嘘で普通にオンカジでネッテラーを利用していた方は多かったといいます。

基本的にオンカジは海外企業がベースとなっているギャンブルである事から、ネッテラーの様なものがあると大変便利だった訳です。

2016年で言えば更にネットの決済手段が少なかったので本当にネッテラーは貴重でした。

ですが実際に本当にギャンブル系で全て利用停止を行いました。

ネッテラーはメリットが多い決済手段で魅力的だった

ネッテラー停止によってオンカジには多大な影響がありました。

そもそもネッテラーにはメリットが数多く存在していた事から、ネッテラーが日本撤退と言うニュースを聞いて憤慨していた方が少なくありませんでした。

のオンカジは今よりクレジットカードが使えなかったり、クレジットカード会社によって利用出来ない事が普通にありました。

しかし、ネッテラーは100%レベルで利用する事が出来る決済方法で話題となり、誰もがネッテラーに登録してオンカジを楽しんでいた実績が存在しています。

更に、ネッテラーの便利な所は銀行振込にも対応していると言う所でした。

オンカジで勝ったとしても電子決済だとリアルな部分では現金に換えないと使えない事が多く、結局2022年以降も現金崇拝主義の日本において銀行振込は必須条件とも言える項目です。

そんな中でネッテラーは銀行振り込みにも対応しており、クレジットカードを持っていなくても使用出来ると言った大きなメリットがあったのです。

更に報酬ポイントプログラムの導入や「ゆうちょ銀行」のATMから現金引き出し、更にFX等のオプションや他業種の入金手段として利用されているなど、とにかく利用する上でメリットしかなかったのです。

なぜ、そんなネッテラーがわざわざ日本から撤退してしまったのか。

オンカジファンならずとも最大の謎と言っても過言では無いでしょう。

ネッテラー撤退の真実はコレだ!

オンカジから撤退しましたが、実は2016年以降も日本でネッテラーを利用する事は出来ました。

しかし、なぜ日本撤退等で不穏な噂が飛び交う様になってしまったのでしょうか。

実は「日本撤退では無くネッテラーを使えるオンカジが無くなってしまった」と言うモノです。

ネッテラーがギャンブル目的で利用出来ないと公式発表した際に色々ベースを軸にオンカジ側が改定したと言われています。

つまり、ネッテラー側は使えるのにも関わらず何かしらトラブルが起きて…

オンカジ側が拒否していると言う構図になった訳です。

そもそも、ネッテラーは今でもビットコインなどは購入できますし、日本から撤退は一切していません。

つまり、ネッテラーは只オンカジ側から「分かりました。さようなら」と言われた立場でで特段何も変わっていない状況だったのです。

別の決済方法を使えば良い!

ネッテラーがオンカジで使えなくなった事は衝撃でしたが、根本的にネッテラー以外の決済方法を使えば全てが解決する問題でもあります。

今現在は世界に驚く程の決済方法が存在していますし、ネッテラーだけが特別な存在ではありません。

仮にネッテラーがとてつもなく凄い決済方法だったら、世界中でネッテラー以外を使っている人はいなくなるでしょう。

そもそも、ネッテラーが使えないとは言え、只の決済方法の一つだったのです。

何故ネッテラーにそこまでこだわるのでしょうか。

近年、オンカジではエコペイズが主流だったり、仮想通過でもやり取りが出来てクレジットカードも普通になりました。

ネッテラーが最強だった時代は終わりました。

私達は常に進化していかなければならないのです。