稼げてオンカジは楽しい!オンカジを楽しいと思う為には!

オンカジが楽しいと思うには、やはり稼げることが第一

オンカジが楽しいと思うには、やはり稼げることが第一

「オンカジは楽しい!」

ネットを見ていると、こんな文言で数多くのオンカジが紹介されています。

しかし、日本ではパチスロほどオンカジは市民権を得ている遊びではないことから、リアルに楽しいのか不安になって手を付けていない方も多いのではないでしょうか。

オンカジが楽しいと思うには、やはり稼げることが第一でしょう。

ここでは、オンカジを楽しく思えるほど稼げるのか、その実態について解説していきます。

オンカジで稼げるか、まだ本当にわからない方が多い

「正直、オンカジで稼ぐことができるのかはわかりません」と言う方が多く、それはオンカジはまだまだ日本では未知数の遊びであること、プレイヤーが少ないことが挙げられます。

パチンコのように全国各地に点在してたり、競馬や競艇、競輪など国営ギャンブルといったわけでもないでしょう。

そもそもオンカジは、ネットの知識がなければ利用できず、身分証明書や銀行口座以外の決済方法のみでしか登録できなものもあります。

もちろん、オンカジ自体は人気が高いものの、ほか市民権をある程度得ているギャンブルと比較すると、圧倒的に利用者が少ないのが現状。

勝てる…といった確証がまだ得られないのが実態でしょう。

オンカジは息抜き程度でも楽しめるのがイイ!

オンカジにはさまざまな種類があり、ローリスクローリターンタイプ、ハイリスクハイリターンタイプなど、自分にあったものを選ぶことができます。

Fxや仮想通貨のようなものではないため知識もそこまで要らず、意外に初心者でもルールさえわかれば楽しむことができるものばかりです。

更にオンカジによっては日本人が喜びそうな演出や内容のものが揃っていますし、部屋でゴロゴロしながらやりたい時にできるところも魅力でしょう。

オンカジのようなギャンブルは、ほとんど確率論であることから、簡単に稼ぐ事はできません。

更に、リアルカジノで稼いでいる人はその場の空気感やクセなど、さまざまリアル要素を加味して戦い続けています。

オンカジは、あまりそういったリアルな雰囲気を読んでもさほど意味がなく、あくまで確率と運といったところで勝負するしかありません。

この事から…「オンカジは息抜き程度」これが楽しいと思えるコツになるかもしれませんね。

オンカジは稼ぐ目的で行うと楽しくない

オンカジで稼ごうとすると、途端に楽しくなくなります。

その理由はシンプルで
オンカジにのめり込んでしまうからです

オンカジにのめり込む事は運営側にとっては嬉しいことですが、逆にその人がギャンブル依存症や人生崩壊した場合、オンカジ自体が規制されてしまう可能性があるからです。

現在日本の場合、オンカジは違法性はありませんがグレーゾーンであることから、合法的な稼ぎ方とされていないところがあります。

つまり、「オンカジで勝てる方法」といった怪しい教材を売りつける人は商売として稼げますが、オンカジだけで1000万円以上稼いでいますといった形で税務署に申告するのは難しい…といったことになるのです。

そもそも、オンカジで稼ごうとすれば、より高い配当金を狙って多額の資金を投入してしまうことになります。

オンカジには、ローリスクハイリターンといったおいしいゲームは存在しておらず、ハイリターンであれば、必ずハイリスクが潜んでいるものです。

負ければ鬱になりますし、その鬱を治そうとまたハイリスクなギャンブルに賭けてしまう。

これでは、せっかくのオンカジも楽しいと思えなくなってしまうのではないでしょうか。

結論オンカジは程々で遊ぶのが楽しい!

何ごともそうですが、プロでない限りはオンカジもほどよい距離感で遊ぶべきでしょう。

オンカジを楽しいと思えた時、それ以上首を突っ込むことなく、ほどよい距離感で生き抜き程度で楽しんでみてはいかがでしょうか。